新潟県内のインフルエンザ流行が昨冬に続き今冬も極めて低い水準になっている。10〜16日に報告されたインフルエンザの患者は定点1医療機関当たり0・01人。例年は12月に流行入りし、1月には注意報の目安となる定点当たり10人を超すことが多いが、今冬に確認された患者は県内全体で4人だった。県と専門家は新型コロナウイルス対策が功を奏しているとみる一方で、2年にわたり流行がないことで集団免疫が落ち、今後大…

残り640文字(全文:841文字)