燕市は25日、65歳以上の新型コロナウイルスワクチンの3回目追加接種について、2月5〜25日に計8日の集団接種日程を新たに設けると発表した。

 個別接種は2月21日、集団接種は3月3日から日時指定して実施を進める計画だったが、国が接種間隔の短縮を容認したことを受け、前倒しした。対象者には日時を指定した案内を発送済みだが、予約の変更を受け付ける。

 新たに設けた日程・会場は2月5日が分水、12日が中央の各公民館、13、16〜18、23、25の各日が吉田産業会館。定員は各日125人で、米モデルナ製ワクチンを使う。

 予約変更は26日午前8時半から、ウェブと電話で応じる。