オンラインで会見する冨田せな(左)と妹るき
オンラインで会見する冨田せな(左)と妹るき

 スノーボード・ハーフパイプの北京冬季五輪代表が25日、オンラインで記者会見し、女子で22日に五輪前最後の実戦となった冬季Xゲームで初優勝した冨田せな(アルビレックス新潟・妙高市出身)が「すごく自信につながっている。さらに高さやスタイルを出せたらいい」と手応えをにじませた。

 妹で初出場する冨田るき(チームJWSC・同)は「一緒に出られてすごくうれしい。同じ舞台に立つからにはライバルでもあるので、追…

残り271文字(全文:480文字)