妙高山東麓エリアで2019年に行われた地表調査(妙高山地熱通信20年6月より引用)
妙高山東麓エリアで2019年に行われた地表調査(妙高山地熱通信20年6月より引用)

 新潟県内有数の温泉地、妙高市で地下の熱水と蒸気を活用した再生可能エネルギー「地熱」による発電所建設計画が進んでいる。開発事業者は建設大手の大林組(東京)と基礎地盤コンサルタンツ(同)。2022年度から妙高山東麓地域の5カ所を候補に掘削準備に入り、翌年度に1カ所の掘削を予定している。31年度にも地熱エネルギー発電の本格実用化を計画する。「ゼロカーボン推進宣言」を行い、脱炭素を目指す妙高で進む地熱開…

残り1364文字(全文:1565文字)