園芸導入を目指す稲作農家らが見学したサトイモの収穫風景=五泉市
園芸導入を目指す稲作農家らが見学したサトイモの収穫風景=五泉市

 五泉市特産のサトイモ「帛乙女(きぬおとめ)」が、大型機械で次々と地中から掘り出されていく。10月中旬のこの日、省力化された収穫作業を見学しようと、県内各地の稲作農家や自治体職員ら約150人が集まっていた。見学者は、これから水田の大区画化や用排水路整備といった「ほ場整備」が実施される地区の関係者だ。

 県は、ほ場整備地区を対象に、野菜や果樹、花卉(かき)など園芸作物の栽培を推進。2019年度以降に着…

残り1182文字(全文:1391文字)