約100人を収容できる大広間で「大規模な宴会は開かれなくなった」と語る豊谷殿の市野瀬龍一社長=新発田市
約100人を収容できる大広間で「大規模な宴会は開かれなくなった」と語る豊谷殿の市野瀬龍一社長=新発田市

 100畳の大広間が自慢の料亭・豊谷殿(ほうこくでん)(新発田市)。地元で「お諏訪さま」と呼ばれ親しまれる諏訪神社の境内にあり、結婚披露宴の会場などとして50余年の歴史を刻んできた。

 初詣や七五三、夏の風物詩「城下町新発田まつり」…。神社を訪れる多くの人々が豊谷殿で食事や宴会を楽しんだ。「まさに神社とともに歩んできた半世紀だ」。市野瀬龍一社長(51)は、地域に愛されてきたことを自認する。

 だが、同…

残り1110文字(全文:1327文字)