鬼に見立てた雪だるまに雪玉をぶつける来場者たち=29日、妙高市
鬼に見立てた雪だるまに雪玉をぶつける来場者たち=29日、妙高市

 2月3日の節分を前に、新潟県妙高市の道の駅あらい内にある観光施設「四季彩館みょうこう」で29日、「節分まつり」が始まった。鬼に見立てた雪だるまを“退治”するゲームが行われ、来場者たちは新型コロナウイルスなどの悪疫退散を願って雪玉をぶつけた。

 四季彩館みょうこうが初めて企画。高さ1メートルほどの雪だるまに鬼の顔が描かれた板と、「新型コロナ」「異常気象」などと書かれた的が取り付けられ、大人も子どもも…

残り227文字(全文:436文字)