新潟県は、観光施策に助言、提言する「にいがた観光政策アドバイザー」を新設したと発表した。本県観光の柱である「佐渡」と「スノーリゾート」の二つをテーマに掲げ、2014年のソチ冬季五輪銅メダリストの小野塚彩那氏(南魚沼市出身)ら15人を選んだ=表参照=。

 県は、新型コロナウイルス収束後の交流人口の拡大を目指そうと、二つのテーマに造詣が深い人からの助言を県の施策に反映させていくことにした。

 「佐渡エリ…

残り253文字(全文:470文字)