パラリンアート世界大会2021で準グランプリに選ばれた酒井健太さんの「平和の笑顔」
パラリンアート世界大会2021で準グランプリに選ばれた酒井健太さんの「平和の笑顔」

 障害がある人のアート作品を集めたコンテスト「パラリンアート世界大会2021」で、新潟県の魚沼市堀之内の酒井健太さん(43)が最高賞に次ぐ準グランプリに輝いた。満面の笑みを浮かべるめいっ子を題材にした作品で「新型コロナウイルスに打ち勝つ意味を込めた」と喜んだ。

 大会は一般社団法人「障がい者自立推進機構」のパラリンアート運営事務局が主催し、今回で4回目。「笑顔」をテーマに29カ国から862点の応募が…

残り375文字(全文:584文字)