文殊菩薩像の前で護摩札をたき上げる山田光哲住職=燕市国上
文殊菩薩像の前で護摩札をたき上げる山田光哲住職=燕市国上

 受験や資格試験の突破を願う「合格祈願祭」が、新潟県燕市の国上寺で初めて営まれた。非公開の秘仏「文殊菩薩(もんじゅぼさつ)」を祭り、山田光哲住職(54)が学業成就の護摩祈禱(きとう)を行った。

 寺は709年創建。戦国武将・上杉謙信の「祈願所」だったと伝わり、良寛が多くの詩歌を創作したとされる五合庵もある。謙信の勝負強さと良寛の学徳にあやかってもらおうと、絵馬などを扱い、受験生や家族が訪れる。合格祈…

残り311文字(全文:520文字)