新潟県阿賀町は、昨年経営破綻した第三セクター上川温泉への出資金や貸付金、2020年度指定管理料など1億4602万円について債権を放棄し、神田一秋町長が責任を取って2月分給与の100分の30を減額する。31日に開かれた町議会1月第1回会議で、議案が可決された。

 上川温泉は町の指定管理を受け、町内の温泉施設を経営。20年5月、赤字や新型コロナウイルスの影響による利用者の減少などを理由に指定管理を返上…

残り206文字(全文:415文字)