けがによる長期離脱から復帰し、キャンプに参加するMF園田瑞(右)=静岡県(新潟L提供)
けがによる長期離脱から復帰し、キャンプに参加するMF園田瑞(右)=静岡県(新潟L提供)

 WEリーグのアルビレックス新潟レディースは1日、静岡県掛川市で2週間の強化キャンプをスタートさせた。3月からのリーグ後半戦に向けて技術、体力の向上と戦術の深化を図る。

 選手は1月31日朝に専用バスで聖籠町を出発し、約7時間をかけて掛川市に入った。初日から午前と午後の2部練習を組み、攻守の切り替えやクロスなどハードなメニューを消化。村松監督は「すごく精力的に頑張ってくれている。(これからが)楽しみ…

残り172文字(全文:381文字)