春の到来を告げる花々の中でも、チューリップは最もポピュラーな花の一つだろう。子供たちに歌い継がれる楽しい唱歌「チューリップ」が誕生したのは昭和初期のことであるが、日本最初のチューリップの商業生産が始まったのは大正時代、現在の新潟市秋葉区(旧中蒲原郡小合村)においてであった。

 同じ頃、旧小須戸町出身の砂井(さごい)正七は、小須戸近郊から金津・矢代田の里山を望む風景を描いている。この絵の画面の向かっ…

残り766文字(全文:975文字)