練習に励むMFシノヅカ(左)ら新潟の選手たち=高知市(アルビレックス新潟提供)
練習に励むMFシノヅカ(左)ら新潟の選手たち=高知市(アルビレックス新潟提供)

 1月29日から高知市でのキャンプを再開したJ2アルビレックス新潟の松橋監督らが2日、再開後初の取材にオンラインで応じた。出遅れはしたが開幕へ再スタートを切り、松橋監督は「限られた時間の中で、できることをしっかりやりたい」と巻き返しを誓った。

 チームは1月17日にキャンプイン。しかし新型コロナウイルス感染が広がり、これまで選手15人を含むチーム関係者計18人の陽性を確認した。10日間活動を休止し、…

残り669文字(全文:878文字)