新潟県内で2021年に会員制交流サイト(SNS)がきっかけで、性犯罪などの被害に遭った小学生は6人(速報値)で、現在の形で統計を取り始めた14年以降最多だったことが2日、県警への取材で分かった。新型コロナウイルスの影響で啓発活動が制限される中、県警はSNSの危険性を伝える動画を作り、今月公開を始めた。

 県警少年課によると、21年にSNSが発端で犯罪に巻き込まれた18歳未満の子どもは33人で、最多…

残り562文字(全文:771文字)