新潟市に支援を求める新潟交通の星野佳人社長(左)ら=2日、市役所
新潟市に支援を求める新潟交通の星野佳人社長(左)ら=2日、市役所

 新潟交通(新潟市中央区)は2日、新型コロナウイルス禍による経営環境悪化により、春のダイヤ改正で大幅減便を視野に入れざるを得ない状況として、新潟市に支援を求めた。これを受け、市は公共交通の維持へ、新たな支援の検討を表明。BRT(バス高速輸送システム)運行事業協定に基づく年間走行距離を確保する約束の効力停止を、2022年度も継続する方向で調整するとした。

 新潟交通の星野佳人社長が同日、新潟市役所に中…

残り481文字(全文:690文字)