新潟県の魚沼地域で冬の名産のとう菜が旬を迎えている。南魚沼市大崎に古くから伝わる伝統野菜「大崎菜」と、魚沼市小出で長年取り組んでいる「八色菜」だ。雪に囲まれたハウスの中、八海山からの良質な伏流水で青々と育つ。春まで収穫は続き、時期によって味や食感が変化する楽しみもある。生産者は「地元の旬を味わってほしい」と、思いを込める。

 大崎菜は江戸時代初期には栽培が始まっていたとされ、地元で代々受け継いでき…

残り845文字(全文:1054文字)