タンクが並ぶ醸造所で、坂本さん(右)と一つ一つ確認し合いながら仕込み作業を進める山形さん=2021年12月、青森県八戸市
タンクが並ぶ醸造所で、坂本さん(右)と一つ一つ確認し合いながら仕込み作業を進める山形さん=2021年12月、青森県八戸市

 「このビールうまい」。2011年、訪問先のドイツで口にしたビールの味に衝撃を受けた青森県八戸市の山形琢一さん(65)が、20年3月、市内にクラフトビール醸造所「カネク醸造」を設立した。自ら立ち上げた会社を息子に任せ、全く畑違いの、新しい味を生み出すことにセカンドライフをかけた山形さん。クラフトビール造りの先には、若手人材の育成や地域連携という大きな目標も掲げている。

 1991年、八戸市で産業機械…

残り1788文字(全文:1997文字)