JR西日本と地元自治体などが、持続可能性に関する議論を始めることになった大糸線の列車=3日、糸魚川市
JR西日本と地元自治体などが、持続可能性に関する議論を始めることになった大糸線の列車=3日、糸魚川市

 JR西日本が、利用低迷が続く大糸線の糸魚川(新潟県糸魚川市)-南小谷(長野県小谷村)間について、廃止も視野に検討していることが3日、分かった。同社は地元自治体などと同区間の持続可能性に関する議論を3月にも始めると3日に発表し、事実上の廃止となるバス転換などを含め議論を進める意向を示した。発表を受け、糸魚川市の米田徹市長は新潟日報社の取材に対し、「廃止は認められない」との姿勢を強調した。

 JR西日…

残り545文字(全文:754文字)