魚沼市は3日、市内の5〜11歳の子どもを対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種について、3月に始めると発表した。65歳以上の3回目接種は集団接種を3月15日に開始。希望すれば個別接種に切り替えることもでき、指定日より早く受けられるよう対応する。

 5〜11歳の対象者は約1600人。接種は3月12日からの毎週土曜日に、小出病院で実施する。1日当たり150人まで。対象者の85%となる約1350人分を用意する。事前に接種券を発送し、希望者は市のコールセンターか予約サイトで申し込む。

 65歳以上の集団接種は日時を指定して地域振興センターなど3会場で行う。市内の医療機関では個別接種も行っており、枠に限りがあるが、コールセンターで申し込むこともできる。その際、集団接種のキャンセル分は64歳以下に割り振る。

 5〜11歳の接種については今後の市報で説明する。内田幹夫市長は3日の会見で「オミクロン株やワクチンについてさまざまな情報が飛び交い、市民も不安になっている。過度に恐れず、かといって甘く見ることなく日ごろの感染対策を徹底してほしい」とし、ワクチン接種も速やかに進めたいとした。