勝山大雪崩災害から100年に合わせて行われた献花式=3日、糸魚川市
勝山大雪崩災害から100年に合わせて行われた献花式=3日、糸魚川市

 新潟県糸魚川市青海で大正期に起きた勝山(かつやま)大雪崩災害の犠牲者を悼む献花式が3日、災害現場近くで行われた。発生から100年に合わせた式典には犠牲者の子孫や市の関係者ら約40人が出席し、遭難の記憶と教訓の継承を誓った。

 勝山大雪崩は1922(大正11)年2月3日、旧北陸本線の青海-親不知駅間で発生。除雪作業員ら200人が乗った列車を雪崩が直撃し、92人が命を落とした。国土地理院の自然災害伝承…

残り285文字(全文:494文字)