佐渡汽船の新潟港ターミナル。みちのりホールディングスの傘下で経営再建を目指す=4日、新潟市中央区
佐渡汽船の新潟港ターミナル。みちのりホールディングスの傘下で経営再建を目指す=4日、新潟市中央区

 業績が悪化し債務超過に陥っている佐渡汽船(新潟県佐渡市)が、公共交通運営会社「みちのりホールディングス」(HD、東京)から約15億円の出資を受け、子会社となる方向で最終調整していることが4日、分かった。佐渡汽船は新型コロナウイルス禍が響き、2021年12月期は3期連続の最終赤字となる見込み。地方のバス会社の再生で実績を持つみちのりHDの傘下で経営再建を目指す方向で、東証ジャスダック上場廃止も検討…

残り895文字(全文:1096文字)