新潟県内12の病院を運営するJA新潟県厚生連(新潟市中央区)は6月6日までに、2022年度の決算を公表した。純損益は6800万円の黒字で、前年度の16億2100万円から95・8%減と大幅に落ち込んだ。新型コロナウイルス関連の補助金の減額や、水道光熱費の増加が影響した。本業のもうけを示す事業損益は過去最悪となる73億2300万円の赤字だった。厳しい経営環境の中、厚生連は病院機能の見直しなど経営改革...

残り632文字(全文:833文字)