新潟県は5日までに、1月の新型コロナウイルス感染者を分析し、酸素投与など高度な処置が必要となる中等症患者の割合が全体の0・7%だったと発表した。ただ、年代別では70代以上が7・9%と最多となっており、重症化を防ぐためにも、県はワクチンの3回目接種を加速させる意向だ。

 県内の1月の感染者数は8703人で、うち中等症者は63人。年代別の中等症患者数は10歳未満、10代、20代はいずれも0人。30代3…

残り369文字(全文:578文字)