園児と保護者らが協力したイグルー造りキャンプ=5日、妙高市
園児と保護者らが協力したイグルー造りキャンプ=5日、妙高市

 雪のブロックをドーム状に積み上げた家「イグルー」造りを体験するキャンプが5日、新潟県妙高市の国立妙高青少年自然の家で始まった。上越市の認定こども園「森のこども園 てくてく」の園児と保護者ら約90人が協力して、“雪の家”を造り上げた。

 野外活動を通した幼児教育に取り組んでいる同園が企画した。保護者らが雪を縦40センチ、横70センチのブロック状に切り出して積み重ねた。園児もブロックを手で固めるなどし…

残り131文字(全文:340文字)