小林則幸町長(中央)らがテープカットをしたデザインバスの出発式=出雲崎町羽黒町
小林則幸町長(中央)らがテープカットをしたデザインバスの出発式=出雲崎町羽黒町

 新潟県出雲崎町は子育て支援に力を入れていることを発信するため、町独特の妻入りの街並みや子どもの笑顔、特産品の紙風船を路線バス、高速バスの車体にデザインし、アピールする事業を6月1日始めた。町内外で11月末まで運行し、「子育てするなら出雲崎」というイメージの浸透を図る。

 出雲崎町が5月中旬に行った「未来へつなぐ子育て応援宣言」の一環。町は0歳から18歳まで1人当たり約270万円相当を独自支援するな...

残り431文字(全文:632文字)