北京冬季五輪のスノーボード・ハーフパイプの公式練習が7日、張家口・雲頂スキー公園の本番会場で行われ、男子で冬季五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(TOKIOインカラミ・新潟県村上市出身)は斜め軸に縦3回転、横4回転する「トリプルコーク1440」を決め、順調な仕上がりを見せた。 昨年12月に自身が実戦では世界初成功させた超大技を、3回試みて全て成功。着地も含め完成度の高さが光り、悲願の金メダルへ視界…

残り10文字(全文:211文字)