公式練習を終え、記念写真を撮る冨田せな(右)とるき=6日、中国・張家口(写真映像部・大渕一洋撮影)
公式練習を終え、記念写真を撮る冨田せな(右)とるき=6日、中国・張家口(写真映像部・大渕一洋撮影)

 新潟県妙高市出身でスノーボード女子ハーフパイプの冨田せな(22)=チームアルビレックス新潟=、るき(20)=チームJWSC=の姉妹が9日、北京五輪の予選に挑む。ここまで2人ともけがに泣き、精神的にも追い込まれた。周囲の支えで自信を取り戻し、姉は2回目、妹は初めての出場。「今まで練習してきたことを出し切る」。そろっての決勝進出を誓う。

 「せなは心ここにあらずというか。やめてしまうのかなと思った」。…

残り587文字(全文:796文字)