拡張現実技術を使ったスポーツ「HADO」のプレーヤーから見える映像
拡張現実技術を使ったスポーツ「HADO」のプレーヤーから見える映像

 蔦屋書店をフランチャイズ(FC)展開するトップカルチャー(新潟市西区)は、拡張現実(AR)技術を使って魔法のようなエナジーボールを放てる新しいスポーツ「HADO(ハドー)」が体験できる施設を、新潟市西区の蔦屋書店ベルパルレ寺尾店内にオープンした。

 HADOは、新潟市出身の福田浩士氏がCEOを務めるmeleap(メリープ、東京)が開発した。頭にゴーグル、腕にセンサーを装着し、2チームに分かれてフィ…

残り439文字(全文:648文字)