スキーの第71回全国高校大会(インターハイ)第3日は9日、岩手県八幡平市で競技を行い、アルペン男子回転で野本和愛(関根学園)が合計1分40秒52で頂点に立った。同種目での新潟県勢の優勝は24年ぶり3人目。今大会は同大回転でも山本柊吾(八海)が優勝している。インターハイでアルペン男子の2種目を県勢が制したのは初になる。距離男子10キロクラシカルは、渡邉大貴(十日町)が8位で入賞した。

 大会最終日の…

残り511文字(全文:720文字)