スノーボード男子ハーフパイプ予選 9位で決勝に進出した平野海祝の2回目=張家口(写真映像部・大渕一洋撮影)
スノーボード男子ハーフパイプ予選 9位で決勝に進出した平野海祝の2回目=張家口(写真映像部・大渕一洋撮影)

 北京冬季五輪第6日の9日、スノーボードの男子ハーフパイプ予選が行われ、五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢の弟で初出場の海祝(かいしゅう)(19)=日大・新潟県村上市出身=は9位で、決勝に進んだ。決勝は12人で争われ、男子は11日に行われる。

 五輪初陣らしからぬ伸び伸びとした演技を終えると、右手を高々と掲げた。スノーボード男子ハーフパイプの平野海祝は予選9位。兄歩夢と共に決勝に進んだ。「兄弟で来られ…

残り409文字(全文:618文字)