女子ハーフパイプ決勝 冨田せなのエア=張家口(共同)
女子ハーフパイプ決勝 冨田せなのエア=張家口(共同)

 北京五輪第7日(10日)スノーボードのハーフパイプ(HP)女子決勝で、冨田せな(チームアルビレックス新潟・新潟県妙高市出身)は88・25点で3位に入った。日本女子の同種目でのメダル獲得は初めて。冨田るき(チームJWSC・同)は80・50点で5位、17歳の小野光希(バートン)は71・50点で9位。キム(米国)が94・00点で同種目史上初の2連覇を果たした。(共同)