親子一丸で遂げた快挙だった。スノーボード女子ハーフパイプで姉妹入賞を果たした冨田せな(22)と、るき(20)。地元の妙高市で活躍を祈った母美里さん(45)は「これまで大変なこともあったけど、一緒に楽しませてもらった」と声を詰まらせた。

 「家計は本当に自転車操業ですよ」と美里さんは苦笑いする。ハーフパイプ設備のある県外での練習や学費に加え、遠征費がかさんだ。

 全日本スキー連盟の強化指定選手としての…

残り574文字(全文:791文字)