三条市に残る石川雲蝶の作品を紹介するパネル展=同市元町の中央公民館
三条市に残る石川雲蝶の作品を紹介するパネル展=同市元町の中央公民館

 江戸後期から明治初期にかけて新潟県内各地に作品を残した彫刻師石川雲蝶の、三条市に残る作品を紹介するパネル展が、同市元町の中央公民館1階ロビーで開かれている。三条は雲蝶の活動拠点となった地。主催したボランティアガイドグループ「三条雲蝶会」は、「パネルで雲蝶の魅力に触れ、本物を見に行きたいと思ってもらえれば」と話している。15日まで。

 三条雲蝶会では、市や市内企業の協力を得て昨年、市内の雲蝶作品の写…

残り249文字(全文:458文字)