スノーボード男子ハーフパイプ決勝 金メダルに輝いた平野歩夢のエア=11日、張家口(写真映像部・大渕一洋撮影)
スノーボード男子ハーフパイプ決勝 金メダルに輝いた平野歩夢のエア=11日、張家口(写真映像部・大渕一洋撮影)

 【中国・張家口=本社運動部・土田潤】北京冬季五輪第8日の11日、スノーボードの男子ハーフパイプの決勝を行い、五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(23)=TOKIOインカラミ・村上市出身=が悲願の金メダルに輝いた。冬季の日本選手で初めて3大会連続でメダルを獲得した。冬季五輪で、本県関係選手が金メダルを獲得するのは初めて。

 平野歩は2位で臨んだ最終3回目、縦3回転、横4回転の大技「トリプルコーク144…

残り597文字(全文:806文字)