「開幕戦に出て、チームのために結果を残したい」と意気込むMF伊藤=高知市(アルビレックス新潟提供)
「開幕戦に出て、チームのために結果を残したい」と意気込むMF伊藤=高知市(アルビレックス新潟提供)

 ビッグクラブでの挫折が、体を突き動かしている。「J2で優勝して、もう一度J1へ行く」。プロ7年目の24歳は、自らの存在価値を証明するため、新天地での活躍を期す。

 U-15から年代別の代表に選ばれ続け、作陽高(岡山)から2016年にJ1浦和に加入した。「日本代表選手も多く、一人一人が生活、人生を懸けてプレーしている」と厳しさを痛感。出番に恵まれず、J2水戸や当時J1の大分へ期限付き移籍して経験を積…

残り320文字(全文:529文字)