新潟市は15日、2022年度当初予算案を発表した。一般会計の総額は3922億円で、21年度当初比1・4%(56億円)増。17年度の3975億円に次ぐ過去2番目の規模となった。11月に任期満了を迎える中原八一市長にとって任期中で最後の当初予算案。新型コロナウイルス対策を進めるとともに、都心エリア「にいがた2km(にきろ)」を軸にした拠点性向上や子育て支援に力を入れる。

 新型ウイルス対策では、感染拡…

残り564文字(全文:773文字)