【2021/11/14】

 国内での石油供給量が石炭を抜き、主要エネルギーの転換点を迎えた1960年代前半。石炭の仕入れ販売を主力とした商社「小林力三(りきぞう)商店」は、燃料事業の縮小を迫られる。

 時代は高度経済成長の真っただ中。3代目社長の小林亨(とおる)氏(87)は「ガソリンスタンドなどの事業に参入するには資金も人手も足りず、完全に出遅れた」と振り返る。自動車の普及や鉱工業の発展で石油販売を伸…

残り1396文字(全文:1613文字)