渡部暁斗選手の銅メダルを伝える新聞を読む祖母フミさん=阿賀町
渡部暁斗選手の銅メダルを伝える新聞を読む祖母フミさん=阿賀町

 15日の北京冬季五輪ノルディックスキー複合個人ラージヒルで、エースの渡部暁斗選手が3大会連続となるメダルを獲得した。父親の修さん(66)の出身地新潟県阿賀町では一夜明けた16日、祖母フミさん(96)が銅メダルを伝える新聞を読み、「よく頑張ったね」と喜んだ。

 フミさんは過去の大会はテレビで応援してきたが、高齢のため今回は夜に行われた試合を見れなかった。16日朝に親戚から電話で結果を知らされて、孫の…

残り205文字(全文:414文字)