スノーボードハーフパイプのゴール地点の撮影エリア。決勝ではこの中に加わり、平野歩夢選手にレンズを向けた=張家口市(大渕一洋撮影)
スノーボードハーフパイプのゴール地点の撮影エリア。決勝ではこの中に加わり、平野歩夢選手にレンズを向けた=張家口市(大渕一洋撮影)

 張家口市は緯度でいえば北海道函館市あたりに位置する。この時季は最高気温が氷点下10度以下が当たり前なので、取材での服装はスキーウエア含めて上下とも4枚重ねが通常装備だ。 防寒手袋に耳あて、ネックウォーマーも欠かせない。カイロは手とバッテリーを温めるために二つを常備し、さらに背中と腹、足裏にも貼って競技会場へ向かう。

 夜の取材を終えるとカメラとレンズは常に凍りつき、写真送信に使うパソコンも寒さで動…

残り338文字(全文:547文字)