新潟県内は17日、日本海にある発達した低気圧が南下し、上空に強い寒気が流れ込んだ影響でまとまった雪が降った。新潟地方気象台によると、午後5時までの24時間降雪量は阿賀町(津川)で51センチ、長岡市で44センチ、新潟市中央区で13センチ。気象台は高波と大雪、風雪に関する気象情報を発表し、18日にかけて大雪や吹きだまりによる交通障害や農業施設への被害に注意を呼び掛けている。

 18日午後6時までに予想される24時間降雪量は多い所で、上、中、下越の山沿いで40〜60センチ、平地と佐渡で5〜20センチ。最大瞬間風速は陸上と海上で30メートル、波の高さは5〜6メートルと予想されている。夕方にかけて落雷、竜巻などの激しい突風、ひょうの恐れもある。

 JR東日本新潟支社によると、18日は上越線、飯山線、磐越西線の一部区間で運休する。JR西日本金沢支社は大糸線の普通列車計13本を運休する。

 17日は雪の影響で交通機関が乱れ、一部の学校では児童・生徒を早退させた。

 JR東日本によると、越後線や信越線、羽越線などで計29本が運休、計37本に遅れが生じ、約1万500人に影響した。

 県教育委員会によると、悪天候により加茂市と長岡市の小中学校で計5校が早退し、加茂市の2校が始業を遅らせた。新潟市教委によると、3校で早退や始業延期をした。