新潟県教育委員会は17日、2022年度の公立高校一般選抜の志願状況を発表した。全日制75校100学科(分校含む)の定員1万2841人に対し、1万3317人が志願した。平均倍率は1・03倍で、21年度比0・02ポイント低下。定時制10校12学科(分校、併置校含む)の平均倍率は0・76倍で、同0・05ポイント上がった。 最も倍率が高かったのは新潟市立万代の英語理数で2・17倍。新潟南の理数コースが2…

残り340文字(全文:541文字)