日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)の洋上観測の模式図(三重大学・立花義裕教授提供)
日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)の洋上観測の模式図(三重大学・立花義裕教授提供)

 日本に豪雪をもたらす雲の帯「日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)」について、新潟大、三重大などの研究チームは21日、洋上からの観測に初めて成功したと発表した。観測では、JPCZ中心部に高い湿度を持った空気が流れ込み、雪のもととなる大量の水蒸気が集まる現象を実際に確認。同じ場所にとどまれば、一日で最大約2メートルの雪を降らせることを解明した。

 オンラインで会見を開いたチームは、「観測結果を基にJPCZ…

残り460文字(全文:669文字)