新潟市は22日、入院中で基礎疾患がある65歳以上の新型コロナウイルス感染者1人が17日に死亡したと明らかにした。新潟県と新潟市は22日、438人の感染確認を発表。前週の火曜日(15日)の476人と比べて38人減少したが、依然として高止まりが続いている。感染経路不明は80人。県内の死者は66人、感染者は2万6851人となった。

 県は新たに10の感染者集団(クラスター)を公表した。幼稚園・保育所関連が六つあり、新発田、三条、長岡、魚沼、南魚沼保健所管内で規模は5〜14人。学校関連が三つあり、新発田、三条、上越保健所管内で7〜14人。ほかに新発田保健所管内の企業関連5人。

 新潟市は新たに市内の小学校で12人のクラスターを確認したことを明らかにした。