講演で大沢孝司さんの拉致被害者認定を訴える兄昭一さん=10日、新潟市中央区
講演で大沢孝司さんの拉致被害者認定を訴える兄昭一さん=10日、新潟市中央区

 北朝鮮に拉致された可能性を排除できない特定失踪者の大沢孝司さん=失踪当時(27)、新潟市西蒲区出身=が、佐渡市(旧新穂村)で消息を絶ってから24日で48年。兄昭一さん(86)は再会に向け、孝司さんが、政府から拉致被害者と認定されるよう活動を続ける。拉致の疑いが濃厚とされる中、認定されなければ日朝交渉で取り上げられないとの危惧からだ。だが、自身の高齢化と進展が見えない現状に、焦りは募る一方だ。

 「…

残り762文字(全文:971文字)