雪の中、直江津駅で発車を待つえちごトキめき鉄道の列車=22日、上越市
雪の中、直江津駅で発車を待つえちごトキめき鉄道の列車=22日、上越市

 新型コロナウイルスの影響で経営が悪化している新潟県の第三セクターのえちごトキめき鉄道(上越市)に対し、株主でもある沿線の上越、糸魚川、妙高の3市は22日までに、総額1億5千万円近い規模の経営支援を行う方針を決めた。いずれも市議会3月定例会に提出する補正予算案に盛り込んだ。

 トキ鉄の筆頭株主の県は既に、約7億4千万円を支援する方針としており、3市と合わせて支援額は約9億円に上る。支援金は全額、国の…

残り240文字(全文:449文字)