東京電力柏崎刈羽原発6号機の大物搬入建屋のくい損傷に影響を与えた、セメントと土を混ぜた「改良土」。稲垣武之所長は24日の定例会見で、ルールに反して工事後も改良土を撤去しなかった企業、くいを打つ際に異常に気付いた企業のいずれからも、東電側に報告がなかったと明らかにした。稲垣所長は、発注者としての管理責任について「われわれとしても反省すべきところがある」との認識を示した。

 全8本のくいのうち最も損傷…

残り593文字(全文:802文字)