新潟日報社が募集した「読者が選ぶ2021年映画ベストテン」の結果がまとまった。日本映画は、瀬尾まいこの小説を永野芽郁、田中圭、石原さとみの共演で映画化した「そして、バトンは渡された」、外国映画はダニエル・クレイグ主演の人気スパイ映画シリーズ「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」がそれぞれ1位に選ばれた。投票期間は昨年12月20日~1月21日。応募総数は318件で、日本映画が202件、外国映画が11…

残り2341文字(全文:2542文字)