2021年に生まれた赤ちゃんの数(出生数)は84万2897人だったことが25日、厚生労働省の人口動態統計(速報値)で分かった。前年比2万9786人減で6年連続の過去最少更新。死亡数は戦後最多の145万2289人(同6万7745人増)に上り、2年ぶりに増加した。婚姻件数は51万4242組(同2万3341組減)で戦後最少となった。

 出生数から死亡数を引いた人口の自然減は、過去最大の減少幅となる60万9392人。少子化が進み、人口減に歯止めがかからず社会保障制度の維持も危ぶまれる。新型コロナウイルス流行による経済状況、生活の変化に対応した支援の拡充も必要だ。

 出生数は前年比で1月と2月の減少が目立つ。妊娠から出産の期間を踏まえると、20年春ごろの妊娠が減っており、コロナの感染が広がり始めた時期と重なる。3月以降は前年と同じような傾向だった。

 20年に11年ぶりに減少した死亡数は21年、再び増加に転じた。増加幅は戦後最大だが、厚労省担当者は「減少した20年との比較で大きく増えたように見える。長いスパンで見れば同じような増加傾向だ」と説明した。離婚件数は18万7854組で前年比8787組減となった。

 死者の死因が判明している21年1〜9月をみると、新型コロナによる死亡は前年同期と比べ1万4563人多かった。

 速報値は日本に住む外国人などを含む一方、例年6月公表の「概数」は日本人のみを対象とするため、一定数減少する。出生数は20年が速報値約87万2千人に対し、概数は約84万人だった。21年の概数は81万人前後になる可能性がある。

◆本県、自然減は過去最大ペース

 本県の出生数は1万3256人(対前年比527人減)、死亡数は3万1070人(対前年比1539人増)だった。出生数から死亡数を引いた人口の自然減は1万7814人に上った。

 本県の自然減(確定数)は、19年の1万6932人が過去最大だった。21年は速報値でそれを上回っており、確定数は過去最大の減少幅になりそうだ。