新潟県教育委員会は25日、3月に行う2022年度公立高校一般選抜の最終志願状況を発表した。全日制75校100学科(分校含む)のうち、志願者数が募集人数を超えたのは51学科。倍率が最も高かったのは新潟市立万代の英語理数で2・17倍だった。

 全日制全体では志願者数は志願変更前より7人多い1万3324人で、倍率は1・03倍。前年度より0・02ポイント下がった。志願者数に変動があったのは68校89学科だ…

残り274文字(全文:483文字)